高校の転校は可能?通信制なら比較的自由にできる

別の全日制高校に転校をする

小学校や中学校は、義務教育の場合は住んでいる地区によって行く学校が決まっています。高校の場合は、基本的には受験を経る必要があり、自分で選択する必要があります。場合によっては合わない高校に入ってしまうこともあります。この時は先生に相談をしてみましょう。そして、事情によっては別の全日制高校に転校できる場合があります。学力などの問題があるので好きに選べるわけではないですが、それまでの単位や出席日数なども引き継げます。

通信課程の高校に転校する

小学校から中学校に進学するとき、同じ小学校から一緒に進学する友達も多いです。ですから一人になることはあまりありません。ただ、高校は必ずしも同じ中学出身者が多いわけではなく、過ごしにくくなることもあります。学校に行かなければ単位などは取得することが出来ません。高校をを卒業するには、別の高校に転校するのが良いでしょう。通信課程の高校であれば、全国にある高校に無試験で転校できます。通学もスクーリングの身になります。

私立高校から公立高校に転校

高校に行くには、授業料などが必要になります。各都道府県で対応は異なりますが、授業料の負担は公立高校は比較的少なく、私立高校は多くなります。私立高校に入ったものの、家庭の事情で授業料が払えない状態になることもあります。この場合、公立高校への変更ができる場合があります。誰でも自由に行えるわけではなく、欠員などがある場合です。また、その学校に入学するには一定の試験が課されることもあります。先生に相談をすると、欠員が出ている学校などを教えてもらえます。

高校を転校する事になる理由として一番多いのは、やはり、どの時代も親の転勤に伴う転校であると言えます。