メリットいっぱい!信用取引で効率的な資産運用ができる

そもそも信用取引とは何なのか

信用取引というのは、その名からも分かるように、証券会社に信用をしてもらって通常よりも便利な取引ができるようにしてもらうことです。また、その取引そのものを指す場合もあります。信用取引口座を作れば、それで信用取引は始めることができるわけですね。一般口座とは違った特別扱いを受けることができ、使用できる取引の機能まで違ってきます。いろいろと本格的な取引ができるのはいいのですが、口座開設までには厳しい審査があるので、誰でも信用取引ができるわけではないのですよ。

信用取引ならレバレッジで儲けを増やせる

信用取引が人気なのは、三倍までレバレッジをかけられるからでしょう。利益を最大三倍に伸ばすことができるので、効率よく資産運用がしたいなら必須のものとなります。ただ、もちろんマイナスになったときにも通常の三倍ですから、ハイリスクハイリターンなものだと考えておきましょう。信用取引口座でもレバレッジをかけずに普通に取引することはもちろん可能です。その場合には、一般口座との違いはあまり生まれません。現物取引も可能です。

手数料が安いのも信用取引の魅力

信用口座では、特別安い手数料が設定されているケースもあります。証券会社によっては、信用口座の手数料をゼロにしているところもあります。そういった証券会社なら、デイトレードもしやすいのではないでしょうか。毎日何度も売買を繰り返していると、手数料の額も膨らんでいってしまいます。本格的に株取引をしたいなら、信用取引口座はほとんど必須のものとなりますね。手数料は直接のリスクになって、リターンをそれだけ圧迫してしまいます。これをゼロにできれば、効率よく資産運用ができます。

証券会社から資金を借りて株の売買をする投資手法を、信用取引といいます。株式売買による差額を受け取るか支払うことになります。